MENU

自己破産、その後

ちょうど3年前に自己破産しました。
理由は転職に伴う収入激減、夫の失業に伴ってローン返済が困難になった為に自己破産したのです。
複数借金を抱えていた頃は、正社員で働いていました。
返済してもある程度は生活できていましたが、長女を妊娠し、産休、育休を経て復職を申し出たところ、紹介できる仕事の案件が無いといわれ、転職を余儀なくされました。
転職した会社で営業職を務めましたが、産休前の仕事と比べて月収が10万減り、家賃と光熱費とローン返済だけで手元に残るのはほとんどありませんでした。
家賃はどんなことがあっても払いたかったので、複数あるうちのローンを一度だけ支払延期してもらったり、光熱費を滞納したりで、ライフラインが止まることはありませんでしたが、こんな生活ばかり続けていると最悪の結果に陥ってしまうと思い、夜の仕事も検討しました。
しかし子どもがまだ小さいのと、見た目がその職業に向いていないと判断され、あっさり断られました。
最後に駆け込んだ大手の法律事務所で、自己破産を決意しました。
職業制限やクレジットカードが作れないなどのデメリットはありますが、一生続くわけではなく、この際カードを一切持たない生活をしようと、家族に相談せずに自分で決めました。
手続きはすべて法律事務所に聞き、住民表や戸籍謄本などをそろえ、生活再建のために3か月間収支表を作成し、提出しました。
その間に何社かからは過払い金が発生し、法律事務所に月に3万支払っていたのですが、30万の予定が3か月の9万で終了しました。
法律事務所に相談し、自己破産の手続きをしてから1年3か月後、家庭裁判所で免責が下りました。

 

 

今はクレジットカードも持たず、携帯電話の機種変更は分割払いができないため夫名義で月に支払っていますが、あまり不自由はしていません。
むしろ月々の支払が無いだけ楽です。
7年程度の縛りが消えてもクレジットカードを作ることは考えたくありません。
それよりもうまくやりくりをしていき、貯金を殖やすことが楽しみになっています。